DOCTOR'S INTERVIEW

DOCTOR'S INTERVIEW

美容対談シリーズ

愛沢えみり×苅部淳(麹町皮ふ科・形成外科クリニック)【美容対談シリーズ⑧】前編:美を引き出す美肌施術ベスト3

愛沢えみり×苅部淳(麹町皮ふ科・形成外科クリニック)【美容対談シリーズ⑧】前編:美を引き出す美肌施術ベスト3

対談医師

苅部 淳(かりべ じゅん)

麹町皮ふ科・形成外科クリニック運営、BIOTOPE CLINIC院長。医療法人社団FAM理事長。順天堂大学医学部を卒業後、東京大学附属病院で初期研修を行い、東京大学附属病院形成外科に入局。埼玉医科大学形成外科助教、山梨大学形成外科助教・医局長を経て現職。形成外科、美容外科医として日々診療を続ける傍ら、今後の少子高齢化を迎える日本の未来のために新たな「医療」の在り方を訴えている。また、野菜や発酵食品を中心とした食事に着目し、「美容は食事から」として、中からの健康の重要性を美容外科医として患者へ伝えている。

愛沢えみりさんとドクターとの美容対談シリーズ。今回のゲストは、麹町皮ふ科・形成外科クリニック続き昨年末にBIOTOPE CLINICを開院された苅部淳先生です。

ベテランの形成外科医でありながら、ミスジャパンのイベントで長年講師を務めるなど美の伝道師としても知られる先生。外見だけなく内面もセットで美しく健康でいる事を理念とする先生とお肌や美容についてトークしました。

まずは前編です。YouTubeとあわせてご覧ください。

 

効かないものがない「ポテンツァ」

愛沢えみり
(以下、
えみり)

先生、めちゃめちゃお綺麗で…!

いえ、全然です(笑)。僕は形成外科医で手術が専門なんですが、けっこう幅広く活動していまして。今日は愛沢さんといろんな美容の話をできると思ってすごく楽しみにしてきました。

苅部淳
(以下、
苅部)

えみり

こちらこそです! でも本当に、形成外科の先生であって皮膚科の事もお詳しくて。それから内面からの美も追求されていて…。

いろいろやってるので「何やってるの」ってよく言われてます(笑)。まあ芯は美容なので、「美容」ですべて繋がってるという事なんですけど。

苅部

えみり

という事で今日は主にお肌の事をメインに聞いていきたいと思ってます。早速1つ目の質問ですが、いま人気のお肌の施術ベスト3を教えてください。

当院をベースにお伝えしますと、第3位は「ポテンツァ」です。これは韓国が発祥の、ダーマペンのように針で穴を開ける器械です。韓国ではそのさらに先へ行ってまして、穴を開けるだけじゃなくそこに熱を加えて新しい皮膚を作り出すというもので。さらにそこにポンピングといって薬剤も入れていくという、一台で3役の役割をするすごくいい器械なんです。ニキビの治療もできますし、シミや赤ら顔、肝斑にも有効だと言われてます。

苅部

えみり

最強じゃないですか! 気になります。

最強なんですよ。効かないものがないんですよね。小ジワにも効くというし。僕も今いろんな研究をしてるところなんですけど、針の種類もいろいろあって。使いこなすのはけっこう大変な器械です(笑)。導入しているところがまだ少ないので、受けられるクリニックを探してぜひ受けてみてください。

苅部

えみり

第2位はなんですか?

2位もダーマペンに似ているものなんですが、「ダーマシャイン(水光注射)」という施術。昔からある治療ですが、新しい後継機種が出まして。これが全然痛くないんですよ。ダーマペンとポテンツアのデメリットを言うと、痛いんですね。

苅部

えみり

確かにダーマペンは痛いです(笑)。

ですよね。男性とか痛みに弱い方だと、一回やってこんな痛いなら…って敬遠される方もいます。でもダーマシャインは全く痛みがない。これは僕もびっくりして、衝動買いくらいの勢いで買いました。学会の展示場で見て「何コレ!」みたいな。山ちゃんに教わったんですけどね、「俺も買ったでー!」って(笑)。

苅部

えみり

あはは(笑)。骨切り山ちゃん先生ですよね、仲が良いそうですね(笑)。

この器械は何の薬剤でも導入できるんですよ。ヒアルロン酸とか、最近柔らかいヒアルロン酸というのも流行ってますけど、うちもいろんな薬剤を試しているところです。ハリを出したいとか小ジワが気になるとか目元のエイジングケアとかにも効きます。薬剤は我々がお肌の状態に合わせてブレンドしていきますよ。

苅部

えみり

まだ私もやったことない施術なので気になります!

 

再生医療を利用した夢の薄毛治療

えみり

それでは気になる第1位を教えてください!

これはうちの一番の売りでもあるんですけど、「毛髪の再生治療」です。若い女性でも男性でも、生え際とかの薄毛気になりますよね。僕もそうで打ってますけど。

苅部

えみり

いやもう、これは今一番気になってます!(笑)

お仕事柄アップにしたり巻いたり、セットで髪を引っ張ると思うんですけど、そうすると毛根は痛むんですよ。アートメイクもありますけどいずれ取れちゃいますし、色も変えられないじゃないですか。もうこれは自分の毛を生やすしかないなと、いろんな文献を読んだり研究をして、再生医療として幹細胞を培養した液体・幹細胞培養上清液を使った治療を行っています。これは成長因子を培養して出てきた500種類くらいの成長因子が密に入ってて、うちではそれをガスジェットでシュッと(頭皮に)入れます。針じゃないのでまったく痛くないんですよ。

苅部

えみり

痛くないんですか!

蚊の針って0.06ミリなんですけど、このガスジェットは0.03ミリなので。蚊に刺されて痛い人っていないと思いますけど、それより細いから絶対痛くない。ちょっと膨らんで血がにじむくらいはありますけど。頭頂部も生え際もできますし、あとうちは円形脱毛症の人とかの治療もしてますけど非常に成果がいいです。今年(収録時)の美容外科学会でも発表してきたんですけど、データ解析を行ったきちんとしたエビデンスがありますので。僕、効かないものは出さないですよ。

苅部

えみり

すごいです。まさに個人的に一番興味があります…(笑)。

いつでもお待ちしてます。

苅部

えみり

生え際が気になってて(笑)。

おでこ綺麗ですのでね、やっぱり早め早めにやっていただくのがいいですよ。つるつるになってしまうと再生するのって大変で。産毛が生えてれば大丈夫です。

苅部

えみり

これは眉毛もできるんですか?

できます。医療脱毛で抜きすぎちゃった人とかも多いですし、眉はアートメイクもありますけど自眉が全部なくなっちゃったっていう人も生えてきてますね。

苅部

 

整形する前に眉を整えよう!

えみり

毛があるだけで若返りますし、雰囲気が変わりますよね。

そうですね。うちもアートメイクやってるんですけど、アートメイクはやっぱり自眉があってその上に描かないと…

苅部

えみり

仕上がりがちょっと違いますよね。

はい。3D、4Dとかありますけど、どうしても。元々の毛を引き立たせながら作っていくものなので。

苅部

えみり

先生、美的センスまで。すごい! なかなか形成の先生でアートメイクまでだなんて(笑)。

そうなんですよ(笑)。まあ施術は基本的に看護師がやりますけど、僕はそういうのが好きで。絵を描いたりもするので、一緒だなと思ってます。時間があればやりたいんですけどね。なかなか医師がアートメイクをやるところはないので、できたらおもしろいかもしれないです(笑)。

苅部

えみり

もう、バランスがすごいです(笑)。

男性のアートメイクとかやりたいですね。眉毛をかっこよくしたらもっとかっこよくなるのにって人、けっこういるじゃないですか。ちょっと話が逸れちゃうんですけど、僕は目や鼻を整形する前に眉毛や唇を整えてみましょうってよく言ってるんです。もったいないと。

苅部

えみり

それ、わかります! そこですごくバランスって変わりますよね。

いきなり目を二重手術で切って大きくしたりするより、眉毛が整うだけでいくらでも目は大きく見えるので。アイラインのアートメイクも流行ってますし、アイメイクでライン入れるだけでも変わりますし。唇も黄金比があったり顔のバランスを整えるのにはめちゃくちゃ大事なんですよ。僕としては順番は眉毛、唇で、その後に目、鼻かなって。

苅部

えみり

すごーい! わかりやすいお話ですね、これは。私もすごくそう思います!

輪郭は最後でいいですね。

苅部

えみり

そうですね、まずはできるところから。切ったほうがいいと思いがちなんですけど…

みんな切ろうとするんですよね。最近は骨切りも流行ってるし「山ちゃん紹介して」ともよく言われますけど、絶対断られるしやる必要ないよって言ってます。合併症、副作用ってすごく恐いんですね。それが激しいものほどなるべく後に回すべきで。元にも戻せないですので。埋没法くらいから始めて、その後40~50歳で眼瞼下垂。でいいと思うので。なるべく切らない。僕も全然切る事はできるんですけど…

苅部

えみり

だからこそ説得力がありますよね。

美容外科医としてそれをみんなに認識してほしいと思ってますね。

苅部

 

美しすぎるアラフォーが行き着いた美容法

えみり

先生が長年続けている美容習慣を教えていただきたいです。

僕ももう40になるんですけど…

苅部

えみり

そうなんですか!? すみません年齢を(知らなくて)…。

年齢、不詳でしょう?(笑)

苅部

えみり

不詳すぎます!(笑)なんて言うんでしょう、美魔女…?

魔女じゃない(笑)。美男子、ではないし何て言うんでしょう。美おじさん?(笑)

苅部

えみり

もうお綺麗すぎるので。

いえいえ。でも患者さんに「先生お肌もすごいですね」って言われるためにも自分で努力してますね。もちろん美容施術も受けてはいるんですけど、皆さんが思っているほど、月に1回定期的にとかはないです。

苅部

えみり

そうなんですか?

新しい看護師さんが入ってきた時とかに我々って施術の練習台になるんですよ。なので施術も選んで受けてるわけでもなくて、まあやってはいますよというところですよね。それでもう10何年美容外科をやってきた中で辿り着いたのが、食事と運動なんですよ。

苅部

えみり

ああ~やっぱり。そうなんですね。

昔は普通に食べてましたけど、30歳を過ぎたあたりからなるべく少な目にというのが医学界でも主流になってきて。3食食べなきゃいけないというのは戦後の教育で子供にとっては大事ですけど、大人で3食食べるのって変じゃないかなって。元々お腹が弱かったのもあって朝一生懸命食べると体調悪くなるんですよね。お腹いっぱいになって眠くなるし。

苅部

えみり

わかります。私もそうです。

それを1食に減らしたらすごく体調が良くなって。身体も軽いし頭もフル回転するし。水やコーヒーは飲みますけどね。で、そうすると肌の調子もどんどん良くなってきたんですよ。

苅部

 

時代が先生に追いついてきた?

えみり

一日一食にされてから?

はい。最近「オートファジー」というのが研究されてますけど…

苅部

えみり

あ! 流行ってますよね。

大隅(栄誉)先生という方がノーベル賞をとったものなんですけど、医学ではこのオートファジー機能が老化を遅らせる唯一のシステムだとわかってて。僕は老化の研究も好きで日本にあるような本はすべて読んでるんですよ、自分が老化したくないというのがすごくあるので。

苅部

えみり

ふふふ(笑)。

健康オタクなので。片っ端から読んであれこれ実践した結果、みんなができると思ったのが16時間食事しない時間を空ける事。YouTubeでも有名な方がよく載せてますけど、僕は10年ぐらい前から言ってたんですよ(笑)。

苅部

えみり

すごい、最先端! 10年前だったらなかなか理解されないですよね。

それがだんだん追いついてきた感じ?

苅部

えみり

時代が先生に追いついてきた!(笑)

(笑)。でも、一食がベストですが活動量の多い方は食べないと痩せちゃうので。まあ、逆に8時間以内に食べればいいということなんですよ。昼12時に食べたら夜20時までに2食でも3食でもいいです。そこで間食でもいいものを食べたほうがいいからナッツとかダークチョコレートとか、決してジャンクフードは食べないというのも肝に銘じておいてほしいですね。

苅部

 

★後編も近日公開予定。お楽しみに!

対談パートナー

愛沢えみり

BETICA 運営代表

株式会社voyage代表 アパレルブランドEmiriaWizの運営のほか、美容や飲食業のプロデュース、メディア運営等を行っている元歌舞伎町No1キャバ嬢。

NEW

最新記事

MONTHLY RANKING

月間ランキング